バイトにかける青春

hidemiolc.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 29日

ケーキ屋さんのアルバイトはサイコー!

一度はアルバイトしてみたかったケーキ屋さん。念願叶って学生の頃、1年近くアルバイトをしました。最初はケーキの種類が多く値段と名まえが覚えられず悪戦苦闘したり、ケーキを落としてしまったりとトラブルがありましたが、ようやく覚えることができ仕事が楽しくなったんです。また同世代のアルバイトの人とも仲良くなり、充実していました。

従業員は割引でケーキを買うことができるので、毎日のようにケーキを買って帰りました。ホール以外のケーキを全種類食べましたね。今思えば太らなかったのが不思議。甘~い香りに包まれ、幸せなバイトタイムでした。

学生の頃体験したアルバイトのうち、もっとも楽だったアルバイトと言えば「治験バイト」と呼ばれるものです。要は、新薬の開発のために、その新薬に問題かないかどうかを実際の人間を使ってテストするといった内容のものです。

まだ世には出ていない「新薬」とはいえ、ある程度は実験済みということもあり、それほど危険なものではありません。なおかつ、必要なのは健康な身体と決まった日時に製薬会社を訪問できれば良いということのみで、さらには高額なアルバイト代!楽な上に、非常に魅力的なアルバイトでした。

けれどもその際に試した「新薬」により私は少々具合を悪くしましたので、午前中の講義のために起きることが難しくなり、結局2単位を落としました。まあ、私の怠惰な生活のせいという声もあるのですが。単位を落としたことは辛かったのですが、しかし今でもまたやりたいと思うアルバイトのうちのひとつです。
[PR]

# by umumnoteh | 2014-07-29 15:58
2014年 06月 20日

厨房で雑用係のアルバイト

私が、初めてアルバイトをしたのは高校生のときでした。とある飲食店で厨房の雑用係として働いていたので、まさに高校生のアルバイトという感じがしました。

そのときのことで印象に残っているのは、周りの大人からとてもかわいがられていたということです。

私も若かったということもあり、とても純粋にアルバイトと向き合っていたので、そういうところが好感を得られたのかもしれません。

高校生のアルバイトは、そういった社会の大人と交流する最初のコミュニティーになることが多いので、そこでどんな大人と出会うかによって、その後の仕事に関する考え方にも、大きく影響してくると私は思っています。

私が高校生の頃にアルバイトをしていた喫茶店は、商店街のなかにあるにも関わらずとても地味なお店です。私がアルバイトを始めた頃には、マスターの苗字がそのまま店名になっていましたが、途中で気取った横文字の名前に代わってしまいました。

町のお祭りの日には、飲食店はどこも目が回るほどの忙しさで、その店も例外ではありませんでした。しかし、それ以外の時期には学校が終わった夕方から閉店の午後8時までの間、お客さんは数組しか来ないので、アルバイトとしてはラクな仕事だったと思います。

特に若い人は少なく、カップルなどは1年半の間に数えるほどしか来ませんでした。
[PR]

# by umumnoteh | 2014-06-20 14:56
2014年 05月 09日

アルバイトは慣れるまでが大変

アルバイトと言っても最近は色々な仕事があって選ぶのが楽しいですね。コンビニのアルバイトでも仕事がたくさんあってやりがいがありますし、何もせずに暇な時間を過ごすアルバイトよりもいいと思ってしまいます。ただ、慣れるまでが大変ですよね。ある程度仕事を覚えてしまうとスムーズに動けますが、仕事に慣れるまではあたふたして動きが挙動不審になってしまいます。

私は物覚えが悪く、どんなアルバイトをしても慣れるまでに時間がかかります。でもその分、経験を積むとスムーズに動けるようになって仕事が楽しく思えてきます。人には向き不向きがあるということも忘れてはいけませんね。

アルバイトで思い出に残っているのは、タイムカードをギリギリに打刻した思い出です。たとえ遅刻になりそうでも、しっかりとタイムカードを始業時間前までに打刻できれば、褒められたものでは決してなくとも遅刻扱いにはなりません。ですからアルバイトに遅刻しそうになったときは、ダッシュで会社のタイムカードへたどりつき、ギリギリの時間でタイムカードを打刻したことが何回か私はあります。

本来ならばそんな醜態をさらさないように出勤しなければならないのですが、寝坊などをしてしまったことが私は何度かありました。ですので、アルバイトと言えばタイムカードの打刻というくらい、私はよく覚えています。
[PR]

# by umumnoteh | 2014-05-09 11:19
2014年 04月 28日

シルバー世代に求められるアルバイト

最近はシルバー世代のなかでも、アルバイトをする人が増えてきているようです。フルタイムまでいかなくても短時間でも働いて、生活費や孫と遊ぶために働くことが多いそうです。

シルバー世代に求められるアルバイトはどのようなものなのでしょうか。例えば清掃業務や家事手伝いなど、主婦経験を活かした仕事のニーズがあるようです。男性だと、ビルの管理や警備員など男性だからこそのアルバイトがあります。

また、最近は愚痴聞きのバイトやテレアポなどの需要もあります。いくつになっても、働く楽しさは持っていたい姿勢が感じられるのではないでしょうか。

私はスーパーマーケットでのアルバイトの経験があるが、仕事内容はレジなどの仕事ではなくて、惣菜のコーナーでお弁当をトッピングする作業を主に行いました。

お弁当のトッピングの作業は、特に忙しいお正月前後において、おせち料理などのトッピング作業を短期のアルバイトとして行いました。

短期のアルバイトで、私と同じ年の人が何人か来ていて、協力し合って仕事をしていた思い出があります。

仕事の休憩の時にはスーパーマーケットの休憩場でプライベートの事などを中心に話して、相談相手として友達になってくれた事が一番の思い出です。
[PR]

# by umumnoteh | 2014-04-28 18:02
2014年 04月 21日

今までで一番楽だった日払いバイト

こんにちわ。学生さんのどの為に存在するアルバイト。その中でも特に僕が印象に残っているアルバイトをご紹介いたします。大学生の時の事です。普通にお店側に雇用されたアルバイトならある程度プライベートまで制限されますが、僕はそれが嫌だったため、ある派遣会社に登録しその場その場のスポットアルバイトをしていました。その中でも特に印象に残っており楽だったアルバイトについてお話したいと思います。

カラオケ屋に派遣されたのですが、その中の業務で「店内稼働調査」という作業がありました。どんな事をするかというと、別のチェーン店のカラオケ屋にPHSを持って行き、一時間に一回、幾つの部屋が稼働しているかを報告するかという作業です。いわゆるお客になりすましたスパイです。

6時間これで勤務して5000円ほど貰いました。非常に楽なアルバイトだったので、皆様のご参考になれば幸いです。

私は、アルバイトとしてホテルのフロントで働いた経験があります。

仕事内容は、お客様の宿泊のチェックインやチェックアウトなどの業務を行ったり、宿泊する部屋の整理整頓や掃除などの業務を中心に行いました。

ホテルのフロントで学んだ事に関して、ホテルの独自の礼儀や高度な敬語を学んだ事です。

お客様が来られた時には、ホテルの運営会社に則った礼儀やマナーで接客する事が基本であって、今までの日払い バイトの経験での接客の仕方では通用しなくて、ホテルの礼儀やマナーを身につけるのにとても苦労したが、将来の社会へのビジネスマナーに通用する事を学んだ事が良かったです。

小さい子どもがいる主婦の人がアルバイトをしたいときに、気になるのは仕事の職種です。子どもの急な発熱などで、休まなくてはならないとき、快く休ませてくれるアルバイトを探したいでしょう。

主婦向けのアルバイトを探すのは、簡単ではないかしれませんが、まったくなくはないので根気よく探しましょう。たとえば工場の軽作業アルバイトの場合は、ほかに似た状況のママさんがいれば、お互いに助け合うことができまうので、おすすめです。仕事の内容も簡単ですからすぐに覚えられます。

ほかにも子持ち主婦向けのアルバイトはいろいろあります、子どものことを考えて、一番働きやすい環境を選ぶと良いのではないでしょうか。
[PR]

# by umumnoteh | 2014-04-21 11:11